【岐阜県恵那市】エリアの結婚相談所※まとめて資料請求

  「そろそろ結婚を考えたい・・・でも相手がいない」

いざ婚活を始めようと思っても何をしていいか分からない。自然な出会いがない。
このような悩みを持たれている方もかなり多いと思います。そんな時に力になってくれるのが結婚相談所!

本気で結婚されたい方が登録されているので、結婚への一番の近道と言えます。

  しかし、結婚相談所はたくさんあってどこがいいか分からないですよね。

  実は結婚相談所はそれぞれ特徴が異なります。もし何も考えずに結婚相談所に登録してしまうと大失敗!という事になるかもしれません。

結婚相談所を登録する前に必ず資料請求をして自分に合った結婚相談所を見つける事をオススメします。

 

結婚相談所の資料請求の方法

結婚相談所の資料請求を行う場合、2つの方法があります。



1つはそれぞれ結婚相談所の公式サイトに行って情報を入力して資料請求する方法。

  もう1つは一括資料請求サイトを利用する事です。

  オススメなのは一括資料請求サイトを利用する事。
これならば最大10社までの資料請求をまとめてする事ができます。


  複数の結婚相談所の資料請求する為にいちいち情報を何度も入力する必要がないので格段に手間がはぶけます。
また、結婚相談所の比較も簡単にできるので自分に合った結婚相談所を見つける事ができるというメリットもあります。

 
お住いのエリア対応の結婚相談所をまとめて資料請求が一括でできるサイト

ズバット結婚サービス比較


楽天オーネットやツヴァイなど大手の結婚相談所の資料請求がまとめてできます。
最大10社まとめて資料請求できます。入力はかんたん1分です。無料です。資料請求できる結婚相談所 まだまだたくさんあります。


 

結婚相談所には2種類ある!「仲介型」と「データマッチング型」の違いを解説

 
結婚相談所には「仲介型」と「データマッチング型」があります。

まずはこの違いを理解してどちらが自分に合っているか知る事が必要です。

手厚いサポートが魅力の【仲介型】の結婚相談所の特徴

仲介型の結婚相談所では、カウンセラーが男性と女性の双方の意見を取り入れて最適な相手をマッチングする方式をとっています。カウンセラーはその結婚相談所によってはサポーターやアドバイザーなど、呼び方は様々です。

  自分が結婚相手に求める条件などをカウンセラーに伝えると、それに合った相手を探してマッチングし、会う時間や場所をセッティングしてくれます。会う場所にもカウンセラーが同行してくれて、お互いを引き合わせた後に二人だけで会話をする時間をもってくれるような方式のところが多いです。昔は独身の人がいると、親戚や近所の方などが合いそうな人を探してきてお見合いの世話役を買って出てくれたものですが、そういう人に近いイメージです。

  最近はスマホのマッチングアプリなどで相手を探す人もいますが、結婚相談所もデータベース化され、自分で相手の条件などを入力して希望に合った人を探すというスタイルが多いです。自分で積極的に相手を探すのが得意ではない人や、考えすぎてしまう傾向のある人には、相手を絞り込む作業は難しいこともあります。プロの目から見て自分にぴったり合う相手をマッチングしてもらうことが、結婚への近道になるかもしれません。

 

仲介型のメリット・デメリット

仲介型は専任のアドバイザーが付いて、異性の紹介やお見合いの設定など手厚くフォローしてくれるので異性との接し方に慣れていない方や消極的な方に向いています。

メリットとしてはデータマッチング型に比べてより自分に合った相手に出会える可能性が高いです。お見合設定率や成婚率も高くなっています。

デメリットとしてはデータマッチング型よりもお値段が高く、成婚料もかかります。また、専門アドバイザーが懇切丁寧にサポートしてくれるので気軽に相手探しができるというわけではないです。

仲介型
メリット・・・データマッチング型より出会える可能性が高い
デメリット・・・データマッチング型より料金が高い


アクティブな方におすすめ!【データマッチング型】の結婚相談所の特徴

データマッチング型の結婚相談所は、結婚相談所のデータベースを利用して“自分で相手を探す”スタイルとなっています。
結婚相談所は仲人(コンシェルジュ)がオススメな相手を紹介してくれるというイメージがありますが、データマッチング型には仲人はいません。結婚相談所のデータベースにアクセスして、年収・年齢・趣味など様々な“検索条件”を入力して自分で理想の相手をみつける必要があります。結婚相談所に登録している会員数が多いほど自分が理想とする条件にヒットする人数が多くなります。

この為、データマッチング型の結婚相談所を利用するならば会員数が約50,000人もいる「楽天オーネット」のような“会員数の多い”大手の結婚相談所を利用するのがオススメです。

データマッチング型を利用する大きなメリットが二つあります。 一つは、料金が安いというメリットです。一般的には結婚相談所は利用料金が高いという印象があります。しかし、データマッチング型は仲人がいないので“人件費”が必要ない為に、その分の利用料金が安くなります。二つ目は、理想の相手を自分で探せるというメリットです。仲人には相性があり、仲人と考えが噛み合わない場合は自分の理想とは違う相手ばかり紹介されて時間やお金が無駄になる場合があります。

しかし、データマッチング型は相手を自分で探せるので無駄がありません。
ただし、コンシェルジュが相手を紹介してくれる仲人型の結婚相談所と違い、自分で相手を検索するデータマッチング型は自分から積極的に相手を探そうとしなければ相手を見つけられず、料金などが無駄になるので注意してください。

データマッチング型のメリット・デメリット

対してデータマッチング型は自分のプロフィールデータと相手に希望する条件を入力すると、条件に合った異性を紹介してくれるので仕事が忙しくてなかなか時間を取ることができない人やマイペースに活動したい人に向いています。

メリットとしては多くの条件の中から自分の理想の相手を納得いくまで探すことができます。アドバイザーはいますが、仲介型に比べると距離感があるので煩わしさがありません。お見合い料や成婚料がかからないので会費も安くなっています。

デメリットとしては積極的に活動しないとお見合いまで行くことが難しいです。また、地方では会員数が少なくて条件に合う相手が見つからないことがあります。仲介型、データマッチング型それぞれにメリット、デメリットが存在しています。

データマッチング型 メリット・・・仲介型に比べて料金が安い
デメリット・・・仲介型に比べて自分がから積極的に動かないといけない


結婚相談所の選び方

データマッチング型をオススメしたい方

データマッチング型の結婚相談所は、どちらかと言えばインターネット型婚活に近いものがあります。実店舗が存在し、専門のカウンセラーが用意されていることもありますが、基本的に活動は自由。

結婚相談所に登録されたデータを元に、会ってみたいと思える異性を探し、アプローチすることが可能です。その為カウンセラーへの相談は必要最低限で十分、比較的自由に婚活したい積極的な人におすすめです。

また仲介型よりも制限が少なく、一度にたくさんの異性のデータを閲覧し出会えることもメリットの1つです。

 

仲介型をオススメしたい方

対して仲介型は条件に合う異性を探してほしい、デートの約束などの取り付けも任せたいという人にピッタリ。担当のカウンセラーがつき、婚活に関するあれこれを自分の代わりにお世話してくれます。異性に関する悩みも相談できるので人の意見を聞きつつ婚活を進められます。

ただ契約内容によって、月に紹介される人数に制限がありますので、短期間でたくさんの人に会うよりも、1つ1つの出会いを大切にしたい人に向いています。

仲介型では専門の知識をもったカウンセラーのサービスが受けられる分料金はデータマッチング型よりも多少お高めです。内容よりもコスパを気にするのではあれば、低料金で出会う機会の多いデータマッチング型を選ぶのもありでしょう。

お住いのエリア対応の結婚相談所をまとめて資料請求が一括でできるサイト ズバット結婚サービス比較

楽天オーネットやツヴァイなど大手の結婚相談所の資料請求がまとめてできます。
最大10社まとめて資料請求できます。入力はかんたん1分です。無料です。資料請求できる結婚相談所 まだまだたくさんあります。